県大会レポート

流山ホークアイの柳川です。
本日は、パーソナルトレーニングの生徒である伊藤隼人くんの大会に同行しました。
流山ホークアイでは、アスリート育成塾と称してマンツーマンでの指導も行っております。

今日は県中学通信陸上という千葉県の県大会でした。
場所は千葉市天台の競技場です。
今月15日に行われる大会と同じ場所です。

朝8時に会場に到着しましたが、すでに沢山の人で陣地を取ることは出来ないくらいでした。
こちらは練習場所となる第2陸上競技場です。
人が沢山いるのでぶつからないように大きな声を出して練習します。
ものすごい日差しでしたが、ただでさえ目立つ監督が日傘をさすとさらに目立ちますね。
練習場から戦いは始まっているのでこれもあえてだと思います。
あれ?まさか!?
この首元に光るは猿山のスポンサーであるほぐしやLABOさんのお取り合い商品「コラントッテ」ではありませんか。
カッコよくドレスアップするあたりも猿山監督直伝ですね。
お買い上げありがとうございます♪
今回はバックストレート側で走り幅跳びの試合を行うようでしたのでこちらにもテントが沢山張られてます。私たちもここから観戦しました。
個人的には暑くて暑くて熱中症になりそうでしたので日傘かせめて帽子は必須かと思います。
ひとつ跳躍する毎に監督からアドバイスを受ける様子。
猿山監督の存在は選手にとって心強いのではないでしょうか。

今日は風速7mという風でしたので足合わせなどかなりシビアな調整が必要だったようです。
6.64mで2位という結果でした。
あと0.1m風が弱ければ全国大会出場決定でしたので、風に泣かされる形となりました。
本人はまだまだ納得していないようですが、この天候の中でもしっかり結果を出すのは凄いことですね。
1位の選手は7.00mという記録でした。これは全国大会でも優勝レベルの記録です。千葉県はレベルが高いんですね。
これは恵まれているという考え方も出来ますね。
私も直撃世代であるドラゴンボール悟飯とトランクスの合体技フージョンをここでやるのはどのような意味があるのか小一時間考えましたが答えは見つかりませんでした。
どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

Nagareyama Hawkeye Official Website

千葉県流山市に拠点を置く陸上クラブ・かけっこ教室「流山ホークアイ」の公式サイト

0コメント

  • 1000 / 1000