猿山監督日本選手権出場

流山ホークアイの柳川です。
山口県で開催された日本陸上選手権大会に猿山監督が選手として出場しました。
私は去年に引き続き二度目の同行です。
場所は山口県山口市の維新みらいふスタジアム。
本競技場に併設されているサブトラック。選手の方々はここでウォーミングアップを行います。
前回は、目の前にサニブラウン選手や末續慎吾選手がいて緊張した記憶があります。
今回は桐生選手や飯塚選手のウォームアップも見ることができました。
写真には写っておりませんが、猿山の専任コーチである100m元日本記録保持者の井上悟さんに指導を受けている様子です。
ここでは猿山監督が生徒です。
自分では上手く走れているつもりでも、ちょっと見てもらっていない間に、色々とズレが生じていたとのことです。
集中していてすでに声は掛け辛い状態です。
召集時間になったので固い握手を交わしここでお別れ。
選手紹介では猿山監督らしい登場でした。動画は監督のSNSをご覧ください。
この時点で16000人で最終的には20000人を超えたようです。
女子のハードルや男子のハードル競技が行われました。陸上競技は同時にさまざまな種目が行われるのが特徴的ですね。
足合わせの時間。
いよいよ競技開始ですがすいません。競技中は余裕がなく、写真はこれくらいしか撮れませんでした。

試合結果は30人中14位

監督のSNSでのコメントを掲載します。

プロになって2年目の日本選手権大会は7m55、14位という結果でした💪☺️💦
記録や順位は勿論大事ですが、記録や順位だけじゃ選手の本当の魅力は分からない🤷‍♂️
いつも怖そうな顔をしている選手が笑ったり意外な一面を見れる事で興味をもってくれたり、ファンになってもらえるきっかけになる🤝✨
この2年間で色々学びました😊
選手紹介の時間もしっかり設けられているのだから、ちょっとでも自分を跳躍以外で知ってもらえるように、応援してもらえるように、パフォーマンス紹介をしなきゃですね😉
これが猿山力也です😁笑
勿論結果と記録には納得していませんが、一本一本集中して夢中になって跳べる空間はやっぱり楽しかった☺️
応援してくださった方々、有難う御座いました🙇‍♂️
引き続き自分らしく跳びます💨
応援宜しくお願いします😊
今、このようにブログを書いていて気がついたのですが、『プロ陸上選手猿山力也とマネージャー柳川』と『ホークアイ生徒と親御さん』の関係性が似ているのではないかと。

やるのは選手、試合が始まってしまえば私達は見ているしかない。試合までにどれだけサポートや準備をしてあげられるかに掛かっているなと感じました。

この試合の結果だけが全てではないとはいえ、やはり去年よりも記録を落としているのは私の力が足りないなと。
もっと私としてもやれることがあったのではないかと反省する点があるので次に活かして参ります。


この後もすごい戦いが繰り広げられました。
スパイクの音や会場の熱気など映像では伝わらないことが沢山あるので、流山ホークアイの生徒と親御さんには、是非一度観ていただきたです。

Nagareyama Hawkeye Official Website

千葉県流山市に拠点を置く陸上クラブ・かけっこ教室「流山ホークアイ」の公式サイト

0コメント

  • 1000 / 1000